<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧  


「舌下免疫療法」その後と体験記4   2015年 12月 06日

7月以降、ブログを更新できないまま、いつの間にか12月になってしまっておりました。患者様への情報発信を目的としたこのブログの意義を果たせませんでしたこと、大変申し訳ございませんでした。

実はブログが更新されない間も、着々と舌下免疫療法の新規希望の患者様は増えておりまして、12月5日の時点で当院で治療を受けておられる方は35名となりました。

10月からは新薬に適応される「1回の受診で2週間分」の処方制限も解除され、現在では1度に1か月分の処方が可能になりました。そのため、今まで2週間おきに必要だった受診も1か月おきになり、患者様の負担も軽減されましたので、新たに治療を開始継続するハードルも下がったのではないでしょうか(ただし、初回と2回目の処方に関しましては、副作用出現の有無を確認するため今も2週間分の処方になっています)。

治療を開始したのち、残念ながら治療を中断された方は今のところ2名で、お1人は通院されなくなってしまった方、もうお1人はシダトレンの副作用が疑われる体の湿疹が原因でドクターストップになってしまった方です。

それ以外の方々は順調に治療を続けておられるご様子で、目立った副作用もなく、飲み忘れなども私が思っていたよりずっと少ないようです。月末に我が家の冷蔵庫に残っているシダトレンの数を数えると、今まで積みあがった飲み忘れは、おそらく誰よりも私が一番多いのではないかと思うくらいです。

昨年10月の舌下免疫療法開始のころから始めておられる方は、治療を継続して丸1年になりました。今度のシーズンまでにはほぼ1年半続けていることになりますので、私も含めてそろそろ何らかの効果が出てくることを期待しています。日本気象協会から発表された来年の花粉の飛散量予想は例年並み~やや多いとのことでした。今年は花粉の飛散量が比較的少なかったので効果を判定するのがやや難しかったですが、来年はどうでしょうか。

なお、以前の記事(→クリックでリンク)にもありますように、舌下免疫療法の新規開始の受付は12月中旬で一旦休止いたします。今年は内服開始の予約受診日を12月15日で締め切らせていただきますので、今年のうちに開始をご希望の方は、予約が可能かまずはクリニックまでお問い合わせください。

・当院で「舌下免疫療法」を受けていただくにあたって→(クリックでリンク)

・「舌下免疫療法」体験記1→(クリックでリンク)

・「舌下免疫療法」体験記2→(クリックでリンク)

・「舌下免疫療法」新規受付再開と体験記3→(クリックでリンク)

・今年の花粉症の傾向と対策&「舌下免疫療法」体験記5→(クリックでリンク)




by keye-clinic | 2015-12-06 17:51 | 花粉症と舌下免疫療法
line

東戸塚駅西口すぐにある片桐眼科クリニックの院長ブログです。


by keye-clinic
line